東京都中野区で評判の動物病院【もみじ山通りペットクリニック】(年中無休・予約優先制)

ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。

目次


腹腔鏡下避妊手術について

みなさんは、腹腔鏡が動物病院でも導入されていることをご存知でしょうか。
今回は、腹腔鏡という内視鏡を用いた「腹腔鏡手術」をご紹介します。

これはお腹の中に細長いカメラや電気メスを入れて、モニターの映像を見ながら行う新しい術式です。

動物病院での犬や猫に対する避妊手術――卵巣・子宮摘出術――では、皮膚を大きく切開する開腹手技が一般的でした。
腹腔鏡手術では1cm程度の傷が2〜3箇所のみで済みますので、一般的な開腹よりも痛みが少なく、犬や猫への負担が小さいのが特長です。また、痛みが少ないと麻酔が安定しますので、より安全な術式となります。
手術の跡が小さいと、体調の改善が早く、感染リスクの軽減も期待できます。
当院の避妊手術は開腹手技では2日間の入院が必要ですが、腹腔鏡手術では体調が良ければ当日に、ご家族のもとに帰れるのです。



腹腔鏡下避妊手術を行った症例

 
この症例では腹腔鏡を用いた避妊手術を受けて頂きましたが、開腹手技では赤線の長さの皮膚を切開するところを、青線のように小さい傷で済みました。
術後の回復も早く、当日に自分でしっかりと歩いて退院できました。
翌日から元気にごはんを食べることができたそうです。

避妊手術は子宮蓄膿症や乳腺腫瘍のリスクを低減することができます。
動物病院ではまだ普及が少ない分野ですが、動物への負担が少なく、動物にやさしい腹腔鏡下避妊手術を希望される方、ご興味がある方は、お気軽に当動物病院へお越しください。

執筆担当:獣医師 村井晃三郎