東京都中野区で評判の動物病院【もみじ山通りペットクリニック】(年中無休・予約不要)

ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。
今回、ご紹介させて頂くのは、犬の心臓病の症例です。一口で犬の心臓病といっても、ヒトと同様にたくさんの種類の心臓病があります。
その中でも高齢の小型犬に多いとされているのが、僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)です。この病気が発生しやすい犬種としては、キャバリア、マルチーズ、チワワ、トイプードル、シーズー、ポメラニアンなどです。
症状としては、左心室、左心房の間にある僧帽弁(そうぼうべん)と呼ばれる血液の逆流を防ぐための装置が
  • 加齢とともに分厚くなってしまったり、
  • 腱索(心室の組織)などが切れたりして、
  • 弁の接合がうまく行かなくなり、
  • 血液の逆流が起こり、
  • 左心房が拡大し、
  • 進行すると肺水腫といわれる病気に進行
します。
下のX線検査は症例が異なる写真です。
しかし、同じ犬種で、年齢もさほど違いはありません。
心臓の状況や進行度によって、下の写真にあるように心臓の大きさは拡大してしまいます。
症状としては
  • 散歩に行きたがらなくなった
  • 疲れやすい
  • 咳をするようになった
  • 呼吸が苦しそう荒い
  • 突然ふらつく倒れてしまう
  • よくお水を飲むようになった
  • お腹がふくれてきている
など様々な臨床症状があげられます。
もちろん、僧帽弁閉鎖不全症以外にも、たくさんの種類の心臓病があげられます。
先天性の心臓疾患であれば、
  • 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう)
  • 大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)
  • 動脈管開存症(どうみゃくかんかいそんしょう)
  • 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)
  • 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)
などです。そのほかにも心筋症・不整脈などもあります。
また、心臓病の治療は内科療法のみでなく、外科手術も治療法のひとつです。まず、「気になる症状」や「症状はないけど高齢だから心配」などがございましたら、気軽にご来院ください。

執筆担当:獣医師 牛尾俊之